頑丈な自宅に~自宅の防御力を高める魔法のような工事~

相談が大切

地上アナログ放送停波によって、テレビ電波は全て地上デジタル放送になましたが、暫くの間は移行措置として、地デジの電波をアナログテレビでも見られる「デジアナ変換」が行われておりました。そのデジアナ変換も終わり、突然テレビが見られなくなって慌てた人が全国に少なからずいたと思われます。 まず、テレビに画面が映らなくなったら、取るものも取りあえず近所の電器店に行って相談しましょう。家のテレビが地デジ対応でないならば買い替えて、地デジ対応ならばチャンネル設定を変えれば良いのですが、それでも映らない場合にはテレビアンテナがないことが考えられます。テレビアンテナがVHFだけでは、UHFの地デジが見られませんから、そんな場合にはテレビアンテナの工事が必要になります。その場合には電器店にテレビアンテナの工事を頼むことです。その電器店でできない場合でも、近くのアンテナ工事専門業者を紹介してもらえるからです。もちろん工事業者に直接頼んでもOKです。

このように、突然テレビが見られなくなって困っている人こそテレビアンテナの工事を待ち望んでいるのですが、それはまず、戸建てや古いアパートに住んでいる人々に多いように思われます。その理由は、戸建てではこれまでVHFアンテナしか使用して来なかった世帯が地方では結構多く、それに大家さんの関心が向かずにUHFアンテナがないまま放置されているアパートもかなりあると思われるからです。 それから、山間部やビル街近くに住んでいて、地デジ化で急にテレビの映りが悪くなって困っている人も相当いるものと考えられます。それは、地デジのUHFの電波はVHFに比べると遠くまで伝搬しにくく、しかも直進性が高いので障害物の影響をVHF以上に受けるからです。このことから、テレビアンテナ工事業者の需要は、地方にも都心部にもかなりあると見られます。